みんなのいけばな

File No.86

木滑 紀代美さん 木滑 紀代美さん 東京都/東京支部

季節の移ろいを感じながら花に向き合う時間は 活力と癒しを与えてくれる宝物

仕事といけばな、そして趣味との調和が
充実した暮らしの源泉となって

新潟でいけばなに出合い、転勤で東京へ引っ越しされた後もハードなお仕事とお稽古を両立して研鑚を積まれておられる木滑さん。これまでに青年部活動をはじめ、地区別教授者研究会や研修課程への参加、支部花展の出品などさまざまな活動に挑戦し、いけばなから学びや気づきを得てこられました。気負わず自然体でワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)を実現されている木滑さんにお話を伺いました。

荒川さんの優れたリーダーシップに感銘 新潟と東京と遠く離れてしまった今も、良き相談相手です

 荒川さんが新潟に引っ越してこられて、新潟支部の青年部に参加してくださいました。そのときに私も青年部に在籍していましたので、そこでお話をしたのが出会いのきっかけです。平成16年頃だったと思います。新潟支部では当時青年部に入ってくださる方が少なかったので荒川さんのご参加には感謝しましたし、荒川さんが以前いらした東京支部では青年部の活動が活発だったそうでいろいろと教えていただいたのを覚えています。

 その後、短期間ではありますが、私が青年部部長を務めさせていただいた後、荒川さんが引き継いでくださいました。先頭に立って青年部を引っ張っていらっしゃる姿を拝見して、「すごいなあ」と感嘆したものです。
 新潟時代は、研究会やプライベートでもお会いしてお花のことなどを相談していましたが、私が4年前に東京に転勤になってしまったので、今はメールで近況報告や相談をしています。
 仕事の日程が合わず、荒川さんの出瓶される花展になかなかお伺いできなかったのですが、今年は転勤以来初めて拝見することができました。

いつも「気づき」を与えてくれる地区別教授者研究会 集中して学ぶことができた研修課程は特別な経験

新潟時代の支部展出品作品(2010年8月)

 いけばなを始めたのは社会人になってからです。実家の近くに若林菖葩先生のお知り合いがおられたのがきっかけで、「職場と家のちょうど中間点にお稽古場があるから、一度参加してみよう」という軽い気持ちで参加したのが始まりでした。

 三級になって地区別教授者研究会に参加。成績はまったくふるいませんでしたが、普段のお稽古や花展とは違うわくわくした気持ちになったことを覚えています。それから毎年参加していますが、いつも自分の中でいろいろな発見があるので、今後も参加し続けたいと思っています。
 研修課程 T〜V期で学ぶ機会にも恵まれました。お花だけを見つめて勉強に集中することができた研修の時間は、私にとって大切な宝物です。
 また、転勤先では慣れないことも多いですが、お稽古をすると気持ちにハリができ、またリラックスすることもできます。そのおかげで忙しい日々の中でも季節の移ろいをきちんと感じ続けることができました。

自由表現での制作に胸が高鳴った新潟時代 経験を重ねるにつれ、伝承花の奥深さに魅せられています

 新潟支部の花展では、自由表現での出瓶が多かったように思います。普段のお稽古では使うことのない材料で作品を制作できる、そのドキドキ感が好きでした。

新潟時代の支部展出品作品「野菜の籠盛り」(2005年10月)
新潟時代の支部展出品作品(2008年10月)
東京支部展出品作品(2015年8月)

 また、新潟支部の後半や東京支部の花展では、伝承花(写景盛花様式本位)も出瓶しました。年齢を重ねて伝承花の奥深さが好きになり、今年10月に行われる「東京支部展」では伝承花の大作に挑戦する機会をいただき、今から心が躍っております。
 新潟時代は青年部にも参加させていただいておりましたが、東京では仕事が忙しく支部の行事になかなか参加できません。そんな状況でも、研究会だけは毎月参加するようにしています。

忙しいときこそ散歩して草木に目を向けてみる 歩き疲れた脚は「足つぼマッサージ」でリフレッシュ

趣味の「足もみ」

 最近はまっているのが「散歩」と「足つぼマッサージ」です。仕事が忙しいと自宅・会社・お稽古場の近所しか移動していないということに気がつき、そんなときは乗ったことのない路線の駅でふらりと降りて散歩をすることにしています。散歩をすると、木や草や花にも地域によってまったく違うものがたくさんあることが分かって楽しくなります。その代わり、帰ってくると足が棒になってしまうので、本物の木の棒を使って足裏から膝のあたりまでもみほぐします。ほぐしているときはすごく痛いのですが、これをすると朝起きた時には疲れがなく軽やかになっているので、ほぐす痛みは我慢できるのです。

挿花「花産地をたずねて」掲載写真
(2009年11月号)

 足もみの講習会にも参加するようになって、仕事やお花以外のお友達が増えてきました。
 実は方向音痴なのですが、散歩で方向音痴が治るようにもう少し頑張りたいと思います。

【木滑 紀代美さんに一問一答】
好きな花: 白いアガパンサス
好きな作家: フィンセント・ファン・ゴッホ
好きな作品: 『糸杉と星の見える道』『花咲くアーモンドの木の枝』『アイリス』
マイブーム: 名古屋めし (味噌煮込みうどん、みそかつ、天むす、鉄板ナポリタンなど)

木滑 紀代美さんからご紹介いただいた次回の「いけばなじん」は、齊藤今日子さん (沼津支部)です。研修課程でご一緒され、年齢も近いので会うとお話が弾むというお二人。青年部活動を精力的に行われている齊藤さんにいろいろと教えていただくことも多いのだそう。どうぞご期待ください。


←File No.85 いけばなじんトップへ
いけばなじん
いけばな教室訪問記
いけばなこども教室
いけばな特派員

いけばな小原流公式サイト



HOME

プライバシーと著作権について